「ありがとう」感謝を伝える

1945年(昭和20年)8月14日、日本は戦争継続困難という判断を下し、

アメリカ、イギリス、支那(中国)が共同声明として出した『ポツダム宣言』を受諾しました。

その翌日の8月15日に日本は国民に対して『ポツダム宣言』受諾を発表(玉音放送)。

1941年(昭和16年)12月8日から1945年(昭和20年)8月15日まで続いた大東亜戦争は終結しました。


日本はアメリカや西欧諸国から一方的な経済制裁を受け、日本の国の存続、経済、国民の生活、国益が危ぶまれており、戦争という選択を余儀なくされました。

詳しくは、8月12日の群馬県本部ブログの【戦死者の想いを伝える花】をご覧ください!

歴史に『もし…』はありませんが、

もし、あの時日本がアメリカと戦争をしていなければ、今の日本はありません。

アメリカは一方的な経済制裁を日本に行い日本経済と軍事力を弱体化させ、アジアにおける日本の影響力を排除してアジア全体を支配しようとしていました。要するにアジアを支配するのに日本が邪魔だったのです。あの時、戦争でアメリカと戦わなければ日本はアメリカ支配下に置かれ、最悪『植民地』となっていたでしょう。

8月12日の群馬県本部ブログの【戦死者の想いを伝える花】にも書きましたが、日本が欧米諸国の植民地解放と資源確保の為に東南アジア攻略の戦いを行ったことにより、日本の意地と力を世界に見せつけたのです。今の日本があるのは、日本の強さを世界が知っているからです。

そして、何よりも日本を守る為に戦ったからこそ、今この時代を生きる私達がいるのです。


あの時に戦って、日本を守ってくれて

「ありがとう」


8月15日、大東亜戦争終結の日に日本の為に、未来の為に戦った靖国神社に眠る英霊の方々に私は感謝の気持ち「ありがとう」を伝えたいです。皆さんも大東亜戦争に関しては様々な考えや意見があるとは思いますが、亡くなられた英霊や犠牲になられた多くの人々の御霊に思いを馳せてみませんか。

日本第一党 群馬県本部

本部長 戸坂 幸一


日本第一党 群馬県本部公式

世界に認められた日本唯一の【保守】政党! 日本第一党 群馬県本部公式 (本ブログ掲載写真は転載及び無断使用禁止です) 日本第一党本部 https://japan-first.net/ 日本第一党 群馬県本部 ふわっち生放送 https://whowatch.tv/profile/w:gunma