8月15日 靖国神社参拝と…

2018年(平成30年)8月15日、靖国神社に眠る英霊の方々へ感謝の気持ちを伝えに参拝してきました。

(本ブログ掲載写真は一切の転載、無断使用を禁止致します)

台湾の方々も参拝していました。

海外の方が8月15日に参拝して英霊の方々へ鎮魂を祈るのは決して珍しい事ではありません。

しかし、戦後日本国内の反日・自虐教育により鎮魂の気持ちを忘れてしまった日本人が数多くいるのを忘れてはいけません。

多くの方々がそれぞれの想いを胸に参拝しておりました。

私は心より英霊の方々へ感謝の気持ちを、「ありがとう」を伝えてきました。

平成も残り僅かとなり、平成30年8月15日も静かに過ぎようとしています。そして、次の時代へ思いを馳せて繋いでいく為に、自分に何ができるのか何をするべきかを考える日が8月15日だと私は考えています。






…そう、本当は静かに8月15日は過ごすべきなのです。8月15日に騒ぎを起こし、靖国神社へ参拝する人々の心と想いを侮辱し、蔑み、皇室の方々を侮辱する連中が九段下にやってくるのです。


反 天 連

(反天皇制運動連絡会)


人によって主義主張は異なりますし、左右の思想の違いがあるのは認めますが、この反天連は日本という国家を侮辱し、破壊を目論むテロリストなのです。靖国神社の目の前で英霊を侮辱し、参拝者を蔑み、日本国旗にバツ印を付け、以前は天皇陛下の骸骨人形を掲げて大行進を行っておりました。

そもそも、反天連(反天皇制運動連絡会)の言う【天皇制】という制度は世界中どこを探しても無い、造語なのです。

日本は大和国橿原宮(現在の奈良県)で神武天皇が即位された日(紀元前660年2月11日)に建国されました(日本書紀・古事記)。建国2678年、万世一系、日本の象徴として天皇陛下が日本にいらっしゃるのは当然なのです。

つまり、日本国の象徴を【天皇制】と嘯いて、日本国を否定する反日テロリストが反天連なのです。そもそも、紀元前に【制度】なんてありませんし、反天連に騙される方がおかしいのですけれども…。


もちろん、我々保守側はこのテロリズムを否定し、テロリズムに対する抗議を九段下交差点にて行いました。

この日は日本の歴史、伝統、文化を守る保守の人々が日本全国から九段下交差点に2,000人以上集結しました。

靖国神社を守る為、英霊の名誉を守る為、日本の歴史を守る為、ここに集結した人々の心は全て一つだとこの場にいて感じました。

『日本が好きだから』

自分が生まれ育った国が侮辱され、否定され、貶されれば怒るのは当然です。だからこの場に保守の我々は集結したのです。この場に我々保守がいることに意味があるのです。


我々は保守です。日本の歴史、伝統、文化、誇り、国益を守るのが日本第一党 群馬県本部の務めだと思うから、私をはじめとする群馬県党員はこの場で抗議の声をあげました。この日、この場であげた声で明日から何か変わるわけではないかもしれません。だからと言ってここで行動を辞めてしまう、何もしないのでは、変わるものも変わりません。変えられるものも変えられません。この行動が少しでも日本が良い方向に、テロリズムを止める方向になるきっかけになればと思っております。

そして、この日この場で共に行動された皆様に心より、お疲れ様でした。


(本ブログ掲載写真は一切の転載、無断使用を禁止致します)

日本第一党 群馬県本部

本部長 戸坂 幸一


日本第一党 群馬県本部公式

世界に認められた日本唯一の【保守】政党! 日本第一党 群馬県本部公式 (本ブログ掲載写真は転載及び無断使用禁止です) 日本第一党本部 https://japan-first.net/ 日本第一党 群馬県本部 ふわっち生放送 https://whowatch.tv/profile/w:gunma